用途にあった集塵機選び

集塵機 とは

集塵機って何使うの?

木屑や粉塵を処理

木工作業などをしていると、必ずといって良いほどに木屑・粉塵が舞い上がりますよね。

それらを放置しておくと、単に場が汚れるというだけではなく健康被害を及ぼすことになります。

そのためマスクが必須となりますが、それだでけ防げるというものでもありません。

そうした普通の掃除機では難しい、木屑や粉塵の処理に対応した機械が集塵機です。

集塵機にはさまざまなタイプが発売をされており、家庭用に使える手軽なものから企業の現場作業で使うような超大型タイプもあります。

また掃除機と同じ感覚で扱えるものから特定の場所に設置をして起動させるものまで、その使用方法も大きく異なります。

集塵機を必要としている方は、どんな状況で使用するのかを基にしてそれにマッチしたものを探していきましょう。

企業の現場作業なら1度しか使用しないというケースもあると思いますが、そうした企業のためにレンタルサービスを設けている業者もあります。

まずは見積もりから始めてみましょう。

 

2つの集塵方法

さまざまなタイプが発売をされている集塵機ですが、その集塵方法は大きく分けると2つになります。

1つは、地面に落ちている塵を吸い取る掃除機のようなタイプ。

それなら掃除機でいいじゃないかと思われるかもしれませんが、集塵機の方が容量が大きかったり水も吸い取れたりと工房のような場所では掃除機よりも向いているのです。523575

そしてもう1つは、設置をすることによって空気中に舞っている塵を吸引するタイプです。

空気を綺麗にする、という意味ではこちらの方は空気清浄機と似たところがあります。

ただこれもやはり、工房など木片や塵が多く舞い上がるような場所ならば集塵機の方が遥かに向いています。

掃除機のように一台は必ず持っておかなければいけないというものではありませんが、普段から作業をしている方は集塵機を購入しても損をすることはありません。

もちろんインターネットからでも購入をすることが出来ますので、特徴や価格をよく比較して選びましょう。