用途にあった集塵機選び

ヒューム集塵機とは

ヒューム集塵機って何?

ヒュームを集めて健康被害を防止

溶接作業の現場において発生する粒子、ヒューム。

このヒュームを吸い込んでしまうと発熱や頭痛、さらに深刻な症状を発生させることがあり職業病の1つとして数えれています。

そのためヒュームを吸い込んでしまわないために、溶接作業に関わる場合は専用のマスクを被る必要があります。

また工事現場や工場では、ヒューム用の集塵機も用いられています。

ヒューム用の集塵機はヒュームコレクターとも呼ばれており、現場で発生するヒュームや煙を吸い込み、清潔で安全な環境を作るために役立ちます。

企業には作業員の安全を守る義務があり、それをおろそかにしてしまっては作業員の健康を損ねることになり企業責任も問われることになります。

そうならないためにも、ヒュームが発生するような場所ではヒュームコレクターの導入を検討するようにしましょう。

ヒュームコレクターは集塵機メーカーが製造・販売を行っており、レンタルをすることも可能です。

まずは業者の担当者にどのようなヒュームコレクターを必要としているのかを伝え、見積もりから始めましょう。

66243bcd96be26c33a5d305554608651_s

作業環境を改善

レーザーや溶接を用いた加工作業では、マスクの使用が必須です。

現場にはヒュームが飛び交っており、それを吸い込んでしまうと疾患をすることになるからです。

そんなヒューム対策の一環として用いられているのが、ヒューム用集塵機ことヒュームコレクター。

ヒュームコレクターには局地的に使えるタイプと広範囲に使えるタイプがあり、どちらのタイプも作業現場では重宝されています。

こうした機械の導入によるバックアップがあればこそ現場の作業員は安心をして働くことが出来ますし、またそれにより仕事の能率アップも期待出来ます。

作業員の安全を守るためにも、そして仕事の効率をよりアップさせるためにもヒューム対策にヒュームコレクターを用いることを検討してみましょう。

またヒュームコレクターによってはさまざまな機能が付いており、ヒュームだけではなく脱臭効果のあるタイプも存在しています。

業者の担当者と相談を行い、どのようなヒュームコレクターを必要としているのか要望を伝えましょう。