用途にあった集塵機選び

集塵の能力計算

集塵機の能力について

風量の求め方

集塵機のスペックを見てみると、その項目の1つに「風量」があります。

この風量は1秒あたりに吸引をする体積を表しており、すなわち集塵能力と言うことも出来ます。

風量は「㎡×m/s×60sec」という計算式で求めることができ、この値が集塵機選びの1つの目安となります。

用途によって必要な風量も異なると思いますので、その値を満たしている集塵機を選びましょう。

またそのようなスペックからだらけではなく、実際に使用をして確認したいという企業のためにデモ機でテストをさせてくれるメーカーも存在をしています。

こうしたサービスには積極的に申し込み、シチュエーションにピッタリと合った集塵機を導入しましょう。

導入コストの見積もりなどは、通常はどのメーカーも無料で行ってくれます。

何せ客の方は集塵機に関してほぼ素人と言えるわけですから、わからないことは何でも聞いてアドバイスをして貰いましょう。

そのためには、顧客に誠実なメーカーを見つけることが必要です。

実績や電話対応などから判断をしていきましょう。

 

集塵機のことはプロに相談

㎡×m/s×60secで計算出来る、集塵機の風量。

その他にも出力や電圧が、集塵機のスペックとして挙げられます。

スペックが高ければ高いほど良いとは言い切れず、集塵機は大きさや付加機能などさまざまな観点から選ぶことが必要です。

どんな集塵機を選べばいいのかよくわからないという企業担当者は、集塵機メーカーのサイトにアクセスをしてカタログや資料を取り寄せてみましょう。

もちろん、電話やメールから相談を受け付けているメーカーもあります。

ついつい手軽なメールを選んでしまいがちですが、どちらかというと電話で相談をすることをおすすめします。

電話の方が直に担当者と話せますので、スピーディーに明確なアドバイスを受けることが出来ます。

また電話応対の態度から、そのメーカーがしっかり社員教育をされているかということを確認できることもポイントです。

こちらの話を礼儀正しく、そして真剣に聞いてくれるようなそんなメーカーを選びましょう。